僕が「神風特攻隊」に教えてもらったこと。それと小さな奇跡と。

このブログは僕が「神風特攻隊」に教えてもらったこと。

そして、僕に起きた小さな奇跡のお話です。

僕の手帳にはこのような一文が貼ってあります。

この手紙は昭和20年5月に戦死された藤井少佐の遺書です。

僕は決して、「神風特攻隊」を礼賛しているわけではありません。

ただ、この手紙を読んで感じるのは、家族を思う気持ちはいつの時代でも同じだということ。

そして、この時代でも子どもには「だっこ」や「ねんね」という言葉を使っていたんだなと、そう思うとただただ胸が熱くなります。

 

僕と「神風特攻隊」を結び付ける、一つの場所があり、一人の方がいました。

 

僕の祖父母の家は鹿児島県の指宿市です。

僕はよく、夏休みを祖父母の家で過ごしました。

そして、祖父によく連れて行ってもらった場所があります。

 

そこは「知覧特攻平和会館」

 

小学生の私にはそこがどのような場所なのかも知る由もなく、ただ零戦の模型見たさに連れて行ってもらいました。

この知覧特攻平和会館がどういった場所なのか詳しく知るのは、中学生以降だったと記憶しています。

 

そして、特攻について深く学ぶきっかけとなった方がいます。

 

それは福岡にある僕の実家の近所に住む一人のおじ様。

このおじ様、数年前にお亡くなりになりましたが、僕が小中学生の頃は、よく犬の散歩をしていて、僕に色々な話をしてくれました。

柴犬を連れ、昔ながらのパイプをくわえた、とてもダンディなおじ様でした。

そのおじ様がよく話してくれたのが特攻の話でした。

 

昭和20年の8月に終戦間際で特攻のため知覧を飛び立ったが、エンジン不調で不時着。そのまま終戦を迎えたこと。

特攻の際、恐くて逃げだす機があればそれを撃墜する係りがいたこと。

無線で聞いた、特攻隊員が死に際に叫ぶのは「天皇陛下万歳」ではなくほとんどが「お母さん」だったこと。

 

そう、このおじ様は「神風特攻隊」の生き残りの方だったのです。

 

柴犬を連れてパイプをくわえたダンディな姿からは想像できないような壮絶な経験をされてきた、すごい方でした。

そのおじ様が特攻へ飛び立った場所が現在の知覧特攻平和会館のある旧知覧飛行場でした。

このおじ様。本当に僕をよくかわいがってくれて、学校帰りにたくさんのお話を僕にしてくれました。

 

話は変わってある日のこと、僕は家族と何気なくテレビを見ていました。

その日はいつも見ていた番組をやっていなかったので、たまたま違うチャンネルの番組を見ていました。

その番組は島田紳助さんが司会を務めていた「バラ色の珍生」(バラ珍と言われてましたね。)という番組で、メインは生き別れした人や初恋の人を番組で探して、奇跡の再会を果たすというもの。

その日、登場したのが70前後の凛とした印象の綺麗なおばあ様。

そのおばあ様はある人を探してほしいと、再現VTRが流れ始めました。

※ 僕の記憶の範囲での番組内容ですので、その辺りはご了承ください。

 

昭和20年某月。知覧町。当時17歳前後だった洋子さん(仮)の実家に突然、10人前後の同じ年ぐらいの男の子がやってきた。

洋子さんの父は洋子さんに「この子たちにおにぎりを握ってあげなさい。」と言った。

戦時中で洋子さんの家のお米も限られている中で、どうして突然来た男の子たちに貴重なご飯を与えなくてはいけないのか。

洋子さんは父の言っている意味が分からない中、言われたとおりにその男の子たちにおにぎりを振舞った。

その男の子たちはその日以来、何度か家に訪ねてきた。

洋子さんの父はその度におにぎりを振舞った。

しびれを切らした洋子さんは父に「何で貴重なお米を、あの子たちに与えなければいけないの?」と尋ねた。

父は一言「いいんだ。あの子たちは特別なんだ。お腹いっぱい食べさせてあげなさい。」

それでも納得は行かなかった洋子さんでしたが、男の子たちと交流をしていく中で、この男の子たちがある作戦を担っていることを知る。

作戦の詳細は教えてくれなかったが、一度出撃すれば二度と帰って来れないことは分かった。

「まだ、私と同じくらいの年なのに…。」

洋子さんはいたたまれない気持ちを抱えて日々を過ごしていく。

そんなある日、洋子さんは体調を崩し、人との接触を禁じられてしまう。当時は不治の病とされた「結核」にかかってしまったのだ。

その日以来、男の子たちは家に来ることが無くなったそうだが、一人の男の子だけ、毎日お見舞いに来てくれた。

ただ、近くには行けないので、部屋と縁側越しに他愛もない話をし、その男のは必ず花を摘んできてくれた。

洋子さんにとってその男の子との時間はとても楽しみな時間となった。

ただ、8月のある日を境にその男の子もぱったりと来なくなってしまった。

不安になった洋子さんは父に「あの男の子たちはどうしたの?」と尋ねると父は「あの子たちはお国のために飛んで行ったよ。」と。

そこで洋子さんの父は「神風特攻隊」のこと、二度とは生きて帰れないことすべてを洋子さんに話した。

洋子さんは「もっとおにぎりをあげればよかった。」「もっとあの男の子と話をすれば良かった。」と後悔の念が噴き出した。

結局男の子の名前を知ることのないまま、終戦を迎える。

 

ここで再現VTRは終わり、カメラはスタジオへと切り替わる。

そこで伸助さんが一言、「ご依頼の内容は何ですか?」

洋子さんが言った一言にスタジオが静まり返る。

「この、毎日お見舞いに来てくれた男の子を探してほしい。」

前代未聞。特攻隊員を探してほしい。

ゲストからも「さすがにそれは…。」とあきらめの表情が。スタジオのお客さんも同じ表情。

 

生きているわけがない。

 

誰も口にはしなかったが、スタジオ中がそういった空気に包まれていた。

 

もちろん、テレビの前の視聴者も大半が同じ思いだったろう。・・・・一人を除いては。

 

僕はこの再現VTRを見ながら思ったことがあった。

(あれ?どこかで聞いたことあるぞこの話。)

 

柴犬連れたパイプのダンディおじ様…。

 

おじ様は本当に特攻に関する話を私にたくさんしてくれた。

その話の中で、「特攻に行く前にとっても良くしてくれた女の人がいてね、まるで女神さまのような人だったよ。」と。

(いやいやまさかそんな奇跡があるわけない…。)

私は心の中で経験したことのないザワザワ感で一杯になった。

そして、紳助さんの口から驚きの調査結果が・・・。

「・・・洋子さん。この方ね。実は・・・。」

 

「生きておられました。」

 

ざわつくスタジオ。洋子さんは顔をくしゃくしゃにして泣いている。

「その方、現在、福岡県にお住まいです。」

(!!!!!!)

私の心臓はもう張り裂けそうでした。

(ウソだ!そんな奇跡が目の前で起ころうとしてるなんて!)

紳助さんは涙をこらえながら

「その方は出撃したんですが、エンジンのトラブルで不時着し、帰還するもそのまま終戦を迎えられました。そしてその方は当時の洋子さんのことをこうおっしゃっておられました。『彼女は私の女神さまでした。』と。」

 

「それではご本人に登場していただきましょう、どうぞ!」

スモークに包まれた扉の向こうから出てきたのは・・・。

 

そう、紛れもなく私に特攻の話をたくさんしてくれたあのダンディなおじ様の姿がそこにありました。

スタジオ中が温かい拍手と涙で包まれました。

 

僕は目の前に起こることすべてに意味があると思っています。

そして、必ずそれは意味を感じる人にしか訪れないとも。

「神風特攻隊」として、命を落とした方たちの多くは10代の若者たち。

冒頭の遺書を書いた藤井少佐は29歳で戦死。

しかも、戦闘機の操縦はできず、教え子だけを死なすわけにはいかないと通信員として特攻機に搭乗し戦死されたそう。

決して、特攻を美化してはいけないと思いますが、先人たちが命を懸けて守ろうとしたこの国で僕たちは生かされている。

その想いは時代を超えて受け継がれていく。

先人たちが守りたかったのは国の形ではなく、生まれ育った地で生きる家族、友人、子どもたちであったことは間違いない。

 

僅かでも先人たちの想いを受け止め、僕も子どもたちの未来を守っていけるよう、日々を生きていきたいと想う。

 

 

 

 

 

 

 

手のやさしさ

馬のトレーニングを行う際に、私が一番最初に行うのは「手」のやさしさを伝えることです。

「手」は人だけに与えられたもの。

猿やチンパンジーも手を使いますが、基本4足歩行で、前足が手のような役割をすると言った方が近いかもしれません。

4足歩行の動物にとって、「手」の存在は未知の世界。

この「手」をどのように使っていくかで、その後の馬の成長に大きく影響を与えます。

(ペピーズにはこんなかわいい子馬もおります!)

仔馬を例にとると、仔馬は生まれてしばらくはお母さん馬とのコミュニケーションの中で、様々なことを学びます。

お母さん馬にいたずらをすると、軽くお尻をかまれたり、軽く蹴られたりもします。

そうやっているうちに仔馬は群れの中で生きる基本を学んでいきます。

馬同士のコミュニケーションの学びの中に、もちろん「手」の存在などありません。

「手」は仔馬にとって未知の存在外の何物でもありません。

ただ、「手」は最初の、人と子馬とのコンタクトをとるには最高の武器となります。

「手」のすごさはとにかく繊細で巧みに動くこと。

ほんの数ミリの変化さえ指先から感じ取ることができるくらい、「手」は繊細です。

仔馬に「手」の存在を最初に認識させるには、「手」で、正確には指先で仔馬の体を掻いてあげます。

一番最初は撫でるのではなく、掻くのです。ここが重要です。

「手」を使えない動物にとって。掻いてもらうという行為は最高に気持ちの良いことです。

動物はかゆい時には木などに体をこすりつけたり、砂場でゴロゴロしたりして掻いています。

ただかゆい所をピンポイントで巧みに掻けるのは「手」だけです。

こうして掻くという行為を繰り返しているうちに、仔馬は自然と「手」に興味を持ち、人間を見ると「手」の巧みさに期待して寄って来てくれるようになります。

寄って来てくれるようになったら、初めてやさしくなでるようにして、「手」のやさしさと巧みさを伝えます。

こううして、「手」から興味を持ってもらうことで、仔馬は人への関心が強くなります。

人への興味のある馬は人が好きだということ。

人が好きであるなら、あとのトレーニングは非常にスムーズに進んでいきます。

そして、トレーニング中に暴れたりすることもほとんどありません。

「手」をこのように巧みでやさしく使うことで、仔馬はどんどん人を好きになっていきます。

ただ、「手」は叩くという行為にも使うことができます。

この叩くという行為が4足歩行の動物にとっては、力加減関係なく、非常に恐ろしいものになります。

「手」の存在を知らない動物からすればこんな恐怖は他にはありません。

もちろんお母さんから「手」を使って叩かれたことなどないので、必要以上に怖がります。

特に上からかざすように叩く行為。

動物には御法度です。犬でも猫でも同様です。

馬のトレーニングでやむおえず「手」を使って叱る場合は、上からかざして叩くのではなく、下から払うようにして叱ります。

それはお母さんが下から軽く蹴るような動きを真似します。

叱るという行為は時には必要ですが、感情的にならずに「手」の使い方には細心の注意を払います。

とにかく「手」は巧みでやさしく、心地の良いものだと初期の段階から刷り込んでおきます。

しかし、残念ながら「手」は便利なため、つい強引に使ったり、叩くという行為にも使ってしまうケースがあります。

仔馬の頃からトレーニングを受けている馬なら、生い立ちからすべてを把握しているので、トレーニングは非常にスムーズです。

よくわからいないのは競走転用馬などの途中から乗馬のトレーニングを受ける馬です。

ただ、診断は簡単です。「手」を上に上げてみて、びっくりしたり、過剰に驚く子は残念ながら叩くという行為を学んでしまった子。

逆に顔を寄せてくる子は「手」のやさしさを知っている子です。

どんなに馬にはやさしくトレーニングしています!と言っても、この方法でおおよそどんなトレーニングを受けてきたかは判断できます。

そして「手」から伝わる情報で、馬の性格や心理状態もおおよそ判断できます。

それぐらい「手」というのは人間にとっても馬にとっても大切な存在です。

「手」はすべての生き物の中で人間だけが与えれれたもの。

この「手」の使い方一つで人を信頼し、やさしい馬に成長するのか。人に疑念を持ち、不安定な馬になるのか。

このどちらかが決まると言っても過言ではありません。

これぐらい人の「手」というのは、馬のトレーニングにおいて重要な役割を担っています。

これは子育てにも生かせることで、「手」は子どもをやさしく包み込むように日頃から使っていれば、子どもは親の「手」からたくさんの愛情を感じ取ってくれます。

ただ、「手」を叩いたり振りかざして使っていれば、子どもは親の「手」から不安と恐怖を感じ、愛情を感じ取ることは一切ないでしょう。

 

愛の鞭。

そんなものは存在しません。

「手」はきっと神様が人間だけに与えてくれた、やさしさと愛情を伝えるためのものなんだと思います。

 

・・・ちなみに私には2人の息子がおりますが、しょっちゅうパンチをしあったり、お尻を叩きあったりしています。

いつも一言多くてすみません。

 

 

 

 

 

 

 

私が子どもにこだわる理由

私ナッキーは「こども専門 乗馬クラブ ペピーズ ホース フィールド」を6年前に立ち上げました。

伊賀市の高尾という、忍者発祥の地でもある里山に当クラブはあります。

現在、40名の小中学生を中心とした子どもたちが在籍しています。

おそらく、「こども専門 乗馬クラブ」なんて謳っているのは、全国的にかなり珍しい思います。

ではなぜ子どもにこだわるのか?

私は高校時代に馬術部に在籍しており、卒業後は5年間、北海道の新冠(にいかっぷ)町にある競走馬育成牧場に勤めていました。

競走馬の世界はとにかくレースで早く走ることを目的として、馬を鍛えます。

やはり勝負の世界ですから、馬たちは厳しい調教に耐えなくてはいけません。

自分の携わった馬が活躍してくれるのはとても誇りですし、やりがいもあります。

ただその反面、厳しい現実もたくさん突きつけられます。

そんな中、これが本当にやりたかったことなのか?と自問自答の日々が続きました。

そして、正直、馬に乗ることに恐怖を感じ、楽しさを感じることはほとんどありませんでした。

自問自答が続く中、ネットで子どもと馬の関係性に書いた記事を目にしました。

そこで笑顔一杯で馬に乗る子どもの写真が目に飛び込んできました。

自分のやりたかったことはこういうことか?

私は5年間お世話になった競走馬の育成の仕事をやめ、熊本の阿蘇にある乗馬クラブへと移りました。

でも本当のところは競走馬に乗ることへの恐怖から逃げたかっただけかもしれません。

ただ、阿蘇の乗馬クラブでの光景は私がそれまで築いてきた馬へのイメージを一新することとなりました。

子どもが一人で馬を引き、自分でお世話をしたり、乗る準備をしていた。

馬の周りで子どもたちが大騒ぎしても馬は動じず、子どもたちを見守っている。

馬=危険な生き物

と深く植え付けられていた私のイメージは音を立てて壊れて行きました。

そして馬と子どもの関わりの中で、馬が子どもを笑顔にし、子どもたちの成長に大きな力を与えてくれることを目の当たりにしました。

私はそんな子どもたちと過ごす時間の中で、初めて馬の仕事が楽しいと思えました。

そして一つの想いが胸の中で大きくなっていきました。

子どもたちのための乗馬クラブを作りたい。

その想いは私を突き動かし、今の乗馬クラブを立ち上げることができました。・・・・がその経緯はまた改めてお話ししますね。

馬との関わりが子どもたちの心身の成長に良い影響を与えることを身を持って感じてきた。

そしてなにより、子どもたちの成長を身近に感じることができるのが楽しくて仕方ない。

私がこども専門の乗馬クラブを作るのに十分な理由でした。

身体的特徴で人間に近い動物はチンパンジーやオランウータンですが、心が近い動物は馬とイルカと言われています。

馬は人類の歴史の中で切っても切れない存在です。

それは単に乗り物としての役割ではなく、心で繋がれる数少ない動物であったからだと私は思います。

私の役目は馬の持つ本来のやさしさを最大限に引き出し、子どもと馬の橋渡しをするコーディネーターです。

そして、馬と共に子どもたちを幸せにすることが私の使命です。

これからも伊賀の山奥から、子どもたちのしあわせな日々を届けられるよう、力を尽くしていきます。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

馬と鞭

動物虐待。

その象徴とされるのが、競馬での鞭の使用。

競馬そのものが虐待だという話もありますが、それは置いといて。

昨今では、1レースに鞭の使用は何発まで等、鞭の使用に対しての制限をかける流れが強まっています。

確かに鞭は使い方によっては、馬を痛めつけることもできますし、感情のままに使用すれば虐待につながる道具ではあります。

ただそれは鞭の使用回数の問題ではなく、鞭の使い方の問題だと思います。

.jpg

鞭の大きな役割の一つに、馬にもっと推進力を与えるために、お尻を叩く使い方があります。

勝つか負けるかをかけているのですから、この時ばかりは強く使わざるを得ません。

ただ、お尻を叩けば叩くほど速く走るわけではありません。ここは使い方を考えなくてはいけないと思います。

しかし、鞭には他にも役割があります。

① 馬を真っ直ぐに走らせるため

馬は本来、まっすぐに走りません。必ずどちらかに寄って走るのが自然です。

それを真っ直ぐ走らせるために鞭を使います。

右に寄ってくるようであれば、左から振って見せたり、馬の肩を軽くたたいたりして修正します。

 

② 時には叱る

馬は生き物ですから、時には人の言うことに反抗することがあります。

人を落とそうとしたり、動くことを拒否したり。

そんな時は反抗に対して、いけないことだと伝えるために使います。

 

そして、競馬のレース中には人馬の命を救うためにも使用します。

馬はとても賢い動物なので、ゴールが近づくと「まあ、こんなもんでいいだろう。」と自分で走ることをやめてしまう子もいます。

それが、トップスピードで走っている最後の直線で起こったら、他の馬を巻き込んで大きな事故につながりかねません。

そんな場面で、鞭の使用制限なんてかけていたら、人馬共に命の危険にさらされてしまいます。

また、一生懸命走るのを拒否して、前に行くのをやめてしまう馬もいます。

競走馬は勝てなければ生き残れません。一生懸命走らなければ、一番にはなれません。

つまり、鞭は使い方次第で痛めつける道具にもなれば、人馬の命を救う道具にもなるのです。

keiba.jpg

鞭を使う=馬を痛めつける

決してそうではなく、それは使う人間次第であって、鞭そのものを悪にして制限をかけるのは正直、違和感しかありません。

包丁は人を喜ばせる料理の道具にもなれば、人の命を奪うこともできる。

SNSでも人を勇気づけることもあれば、傷つけることだってできる。

言葉だって一緒。

だから、何かを悪に仕立てて、それを排除する流れになりがちですが、しっかりと本質を見落とさないようにしなければいけません。

無知が時に、人を傷つけてしまうことを肝に銘じます。(無知と鞭・・・。うまいこと言ってんな。)

 

 

 

 

 

 

クラウドファンディングへの挑戦

WILL BE FINE

言葉の意味は「大丈夫。」「なんとかなる。」「良くなる。」等の意味があるそうです。

言葉の響きや意味が好きになり、この言葉を一頭の馬の名前にしました。

ウィル.jpg

この子の名前はWILL BE FINE。まだ3才の新馬です。

このWILL BE FINE(通称:ウィル)は今年の3月にクラウドファンディングに挑戦し、達成したことで購入した馬です。

なぜクラウドファンディングを利用し、このウィルを迎え入れることにしたのか?

もちろん、金銭面での支援もありますが、なにより子どもと馬の関わりの素晴らしさを伝えたい。

そんな想いが大きくありました。

また、子どもに関わる馬にはそれ相応のトレーニングが必要です。

かみつく馬、人に敵意のある馬、蹴る馬、子どもを振り落す馬、暴走する馬。

論外です。

子どもにとって安心で安全な馬とは

人を信用している馬、人に配慮できる馬、子どもの合図を受け入れる馬。

まだまだ大切な要素はたくさんありますが、これらをクリアしない限り子どもたちを乗せることは不可能です。

026 (2)

ただ、どういったプロセスを経て、子どもたちを乗せられる馬に成長するのか?

そこを一つの物語として、ウィルの成長過程をいろんな方に見てほしいと思いました。

そして、子どもの乗馬には子どもが乗るために専門的なトレーニングを受けた馬が必須だという強い信念が私にはあります。

他を批判するつもりはありませんが、日本の乗馬に使用される馬の多くは競走馬を引退したサラブレットです。

私は5年間競走馬の育成に携わってきましたが、サラブレットは小さいころから速く走ることを主として、競争の中で切磋琢磨したレース専用の馬です。

4597.jpg

大きなお金がかかった勝負の世界にいた馬たちは闘争心に磨きをかけ、生きるか死ぬかをかけた戦いをしてきた馬です。

そんな闘争心のかたまりの馬、育成騎乗者、調教助手、ジョッキーとプロしか乗ってこなかった馬に子ども向きの要素など一つもありません。

真逆です。

もう一度言いますが、私は競馬を批判しているわけではありません。むしろ大好きです。

ただ、用途が違いすぎると言っているのです。

だから、これから子どもたちの学びの選択肢として、乗馬を普及させるのであれば、競走馬からの転用馬ではなく、子どもが乗るために専門的にトレーニングされた馬が絶対に必要なのです。

そして、そのトレーニングの過程がどのようなものなのかを多くの方に知っていただきたい、また、子ども乗馬専門にトレーニングされたやさしい馬が与える子どもたちの学びをぜひ知っていただきたいと想っています。

そして、3月に挑戦したクラウドファンディングでは目標金額を大きく上回る、あたたかいご支援をいただき、無事に達成することができました。

クラウドファンディングに挑戦して良かったと思うことは、

周りの皆さんが、自分が思っている以上に応援してくれていたこと。

そして、私を同志や友と呼んでくれる人がたくさんいたこと。

たくさんの方々が見守ってくださっていることに本当に気づかされました。

多くの方の想いと子どもたちの未来を託して、これから成長するウィルの物語をぜひ見守ってください。

dav

…と言いつつ、夏休みの乗馬キャンプに全精力をつぎ込んだため、ウィルのトレーニングの様子をアップできていませんでした。

これから、アップして行きますのでよろしくお願いします。

 

 

 

私が生きる意味

私が生きる意味。

いきなり大げさなタイトルですが、ブログをリニューアルし、心機一転、私の決意を述べさせていただきます。

自己紹介についてはページ上の自己紹介のページを覗いてくださいね。

私には2つの使命があります。

一つは馬を通して子どもたちを幸せにすること。

もう一つは虐待問題に魂で向き合うことです。

私を育ててくれたのは、今まで出会った方々、そして今周りにいる方々のお力です。

そしてなにより、馬と子どもたちとの出会いが私に生きる意味を与えてくれました。

日々の馬と子ども達の関わりの中で、私はたくさんの幸せをもらっています。

これからもさらに私自身レベルアップし、子どもたちにもっとたくさんの学びの場を提供したいと思います。

そんな私に幸せを与えてくれる子どもたちがいる一方、どうしても立ち向かわなければいけない問題があります。

それは虐待問題です。

幼い命が奪われるニュースを聞くたびに、この矛盾と葛藤し続けてきました。

でも答えは明確でした。

私は虐待問題に魂で向き合うことを決意しました。

昨年、私と妻は里親制度を利用し、養育里親に登録をしました。

繰り返しますが、私の生きる意味は

馬を通して子どもたちを幸せにすること

虐待問題に魂で向き合うこと

この2つです。

いきなりの決意表明ですが、想いを外に出すことで、しっかり現実のことにして行きたいと思います。

でも、もちろんクラブでの日々の楽しいことや、3月に達成したクラウドファンディングで購入した「ウィル」君の成長のことも書いていきますよ♪

最後まで読んでいただきありがとうございました!